青色申告と白色申告の違いまとめサイト

>

確定申告をする際の注意点について

初心者が注意すべき事

初めて確定申告を行う際は緊張が伴うものです。
専門的な知識が問われる為、ついつい面倒くさくなってしまい、申告漏れをしてしまうなんて事は少なくありません。
所得があるにも関わらず、税の申告を怠ってしまえば、延滞税や無申告加算税などの余分な税を支払う他に、更に悪質な場合であれば刑事罰にも処される危険性もあります。
また、確定申告には申告出来る期間が2月16日から3月15日までの一か月間に定められています。
たとえ申告する意思があったとしても、この期間を過ぎてしまえば申告漏れをしている事に変わりありませんし、また、取り寄せなければならない書類も多々あります。
それらの取り寄せ期間を踏まえて、申告前にはスケジュール管理に気を付けておきましょう。

申告の際に必要な物について

確定申告は申告する状況や種類によって、必要となる書類も違ってきます。
例えば、個人事業者である場合と副業での所得収入や、医療控除を受けたい場合などによって、国税庁からダウンロードする申告用紙も違ってくるので注意が必要。
主に年末調整を行っていて、別口で確定申告を行う場合であれば、国税庁のサイトよりダウンロード可能である、確定申告A(2ページ分)の用紙と、副業を行っているならば本業と副業の源泉徴収票、または報酬支払調書などが必要となります。
そして個人事業者の申告の際には、国税庁サイトより、確定申告B(2ページ分)をダウンロードし、控除に必要な証明書を集めます。
青色申告の場合は他に、国税庁サイトからダウンロード出来る青色申告決算書も必要となります。


この記事をシェアする
B!