青色申告と白色申告の違いまとめサイト

>

それぞれのメリットとデメリット

青色申告のメリットとデメリット

青色申告は先に紹介した65万円の特別控除が受けられるというメリット以外に、4つの特典が受けられます。
1つ目が備品や建物などの経費30万円未満であれば一括で費用として計上出来るという、少額減価償却の特例。
2つ目は個人事業者に多い、自宅をオフィスにしている場合に受けられる、家事按分という制度。
これにより自宅である電気代や家賃も一部経費として計上する事が可能です。
3つ目が家族が事業経営の従業者である場合、家族への給与も経費として計上できる、青色専従者給与。
そして4つ目が事業の赤字分を、3年間分の黒字と相殺することが出来る、純損失の繰越し控除です。

様々なメリットが存在する青色申告ですが、反対に控除額10万円の単式簿記での申告ならば、複式簿記は素人にとってはやや複雑で、間違いやすいという側面もあります。
経理に慣れていない場合は、単式簿記か白色申告にしておく方が無難です。

白色申告のメリットとデメリット

白色申告の特徴はそのシンプルさにあります。
青色申告に比べると断然簡単に税申告が可能であり、事業規模の小さな個人事業主や副業者の所得であれば、白色申告の方がよりスムーズに申告出来ます。
青色申告には事前の申請が必要な上、申請書の提出期限も設けられていますが、白色であれば申請もなく、事業を開業した以降も特に申請しなければ自動的に白色申告として処理されます。簿記の仕方も青色申告のような複式簿記ではなく、売上から経費を引いた額を事業所得として申請出来ます。
ただし、白色の場合は青色に設けられているような10万円、65万円の控除額や、赤字の3年間繰越しなどの諸々の特典もありません。
あくまでも規模の小さな事業者の申告に限られます。


この記事をシェアする
B!