青色申告と白色申告にはどんな違いがあるの?

青色申告と白色申告の違いまとめサイト

青色申告と白色申告の違いとは?

確定申告と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれますか?
「難しそう…」
「面倒くさそう」
そう思う人が大半かと思います。
給料制で生活している人にとってはあまり縁のない確定申告。
ですが、最近ではふるさと納税や医療費などで控除を受けるケースや、あるいは年末調整に間に合わなかった保険やローンなどの控除を確定申告で行う事も珍しくなくなってきました。
更に近年では、働き方改革の影響もあってかサラリーマンの副業が徐々に広がってきています。
副業で年間20万円以上の収入を得ている場合であれば、会社で行っている年末調整以外に別口で確定申告を行う必要がある為、どうしても確定申告の道を通らざる負えません。
副業には興味があるけれど、確定申告が難しそうだから…、と気弱になってしまい、中々副業に乗り出せないなんて人も多いかもしれませんね。
更に、どうしても確定申告が必要となってくるのが個人事業者。
事業者の中には、「申告は難しいからいつも白色申告で行っている」なんて人、少なくないのではないでしょうか。
便利な特典付きの、控除額も大きな青色申告にすれば節税効果は抜群です。
そしてその上、思っている程青色申告の申告方法は難しくないのです。

今回は確定申告を行う上で、必ず知っておくべき青色申告と白色申告の違いを軸に、確定申告にまつわる様々な情報をご紹介します。
あやふやな確定申告も、しっかりと理解を深めた上で行えば、お得になる可能性大!
是非ご一読ください。

確定申告には種類がある

よく聞く青色申告と白色申告ですが、両者には一体どのような違いがあるのでしょうか。 自営業をしている、副業で申告する必要があるなど、人によって申告する状況は様々です。 青色と白色申告の違いについてや、また確定申告そのものの基礎知識についてご説明します。

それぞれのメリットとデメリット

青色申告には特別控除や、その他節税に繋がる様々な特典がある一方、制限や申請期間が存在します。 また、全ての人が青色申告出来るわけでもありません。 一方で白色申告にもメリットが存在します。 青色申告と白色申告の具体的なメリットとデメリットをご説明します。

確定申告をする際の注意点について

確定申告には「難しい」というイメージが付きまといがちです。 初心者であれば特に分からない事ばかりで不安に駆られるものです。 初心者であれば特に注意したい点をまとめました。 提出する書類や、申請する期間についてご紹介します。 専用のソフトや専門家への依頼も可能ですので、利用してみてください。